• いまドキ!
  • 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H10090046769.mp4

シリーズいまドキ水曜日はインタビュー企画オオイタビトです。9日は娘の看護を通じてサークルを立ち上げたこの人です。医療的ケアが必要な子やその保護者のためのサークルを立ち上げた安藤歩さん。大分市の自宅で長女の那月ちゃんの看護を続けています。すくすくと元気に育っていた那月ちゃんは、3歳のとき、おたふく風邪から「脳炎」を発症。一命は取りとめたものの、脳死状態と診断されました。那月ちゃんは自分で痰を出すことができないため、夜間も数時間おきのケアが欠かせません。事実上1年という余命を宣告されてから8年、懸命な看護により何度も危機を乗り越えてきました。24時間気を抜けない日々が続く中、安藤さんは今年6月、医療的ケアが必要な子とその親のためのサークルを立ち上げました。月に1回の交流会で悩みや情報を共有し、支援の充実を目指します。大好きだった看護師の仕事をやめ娘のケアに専念する日々。学ぶことも多いと感じています。そんな安藤さんの人生のキーワードは?「今を大切に」