• いまドキ!
  • 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H10090046770.mp4

日田市のパチンコ店の駐車場で今年7月女性客にカッターナイフを付きつけ現金を奪おうとした男に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡されました。強盗未遂の罪で有罪判決を受けたのは、住所不定・無職の家下雄平被告です。判決によりますと家下被告は今年7月、日田市友田のパチンコ店の駐車場で車に乗っていた女性にカッターナイフを突きつけ「財布を出せ」と脅したものの女性が抵抗したためそのまま逃走しました。9日開かれた判決公判で、大分地裁日田支部の杉浦一輝裁判官は家下被告に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。弁護側は「被害者にけがはなく、被告も深く反省している」として情状酌量を求めていました。判決に対し弁護側は控訴しない方針です。