• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H11080043232.mp4

別府市の幼稚園児たちが長さ110メートルの巻き寿司作りにチャレンジです。
巻き寿司作りに挑戦したのは別府大学附属幼稚園の園児たち112人で、大学の教員や留学生も参加しました。机にはのり650枚にごはんが45キロ。卵焼きやキューリ、中には納豆など、園児たちが持参した好きな具材をご飯に載せていきます。歌に合わせながら一斉にのりを巻き上げ、特製巻き寿司が完成。別府大学の創立年数にちなみその長さは110メートルに及びます。初めてのチャレンジでしたが、出来栄えは上々のようで、園児たちはおいしそうに口の中へとほおばっていきました。園児にとっては巻き寿司作りだけでなく、留学生と交流できたことも貴重な体験となりました。