• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H11140039344.mp4

台風18号で被災した津久見市の小学校で料理教室が開かれ、参加した親子が郷土料理作りに挑戦しました。この料理教室は台風18号により甚大な被害を受けた津久見市の子どもたちに楽しい思い出を作ってもらおうと開かれたものです。14日は津久見市立堅徳小学校の6年生と保護者27人が参加しました。児童は保戸島発祥のマグロを使った郷土料理「ひゅうが丼」や「アジの竜田揚げ」に挑戦。親子で協力しながら料理を完成させました。このあと試食し、教室は笑顔で溢れていました。この料理教室は津久見市の全ての小学校で順次開催されます。