• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H12050043488.mp4

教育と保育の連携強化に向けて広瀬知事は来年度の早い時期に県幼児教育センターを設置する方針を県議会で明らかにしました。4日は県議会の一般質問が行われ、自民党の衛藤博昭議員が幼児教育センターの設置時期や具体的な内容について質問しました。県幼児教育センターは今年10月に開かれた県総合教育会議で構想案がまとめられました。構想案では県福祉保健部と県教委の連携を強化し、幼稚園教諭や保育士の研修を一元化することで、幼児教育の向上を図ります。質問に対して、広瀬知事は来年10月から始まる幼児教育の無償化を見据えて来年度の早い時期に県教委内に県幼児教育センターを設置する方針を明らかにしました。県は支援策として、センターの設置と合わせて県内で幼児教育アドバイザーの配置を進める方針です。