• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H12050043498.mp4

県内の中小企業が開発した新たな商品を紹介する合同プレス発表会が開かれました。社会問題を背景に様々なアイデア商品が登場です。この発表会は中小企業の情報発信を支援するため大分商工会議所が毎年開催しています。5日は大分市内の13社が参加し、新たに開発した商品やサービスの魅力を紹介しました。配管工事会社の「ニッショー」は「水を拭く」をテーマに撥水効果をいかして水に浮かんだ油だけを吸収する商品を開発しました。今後、量販店での販売を目指しています。産業機械の設計を手がける「ケイ・デザイン」が開発した杖には、開閉式の4本の足が取り付けられていて簡単な操作でどこでも立てることができます。いろんなことができるかなと思っている)また、働き改革に注目した新サービスも登場しました。この会社が開発したアプリは企業向けに社員の出勤や残業時間などを管理します。すでに医療施設や飲食店などで導入が始まっています。大分商工会議所は発表会を通じて、販路の拡大を図るとともに新商品の開発意欲を高めてもらいたいと話しています。