• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H12060039588.mp4

6日の県内は、朝にかけて今シーズン一番の冷え込みの所が多くなり、各地で真冬並みの寒さとなりました。上空の強い寒気の影響で、6日朝の県内も冷え込みが強まりました。このため昨夜から山間部を中心に雪が降り、積雪したところも多くなりました。最低気温は佐伯市宇目で氷点下4度、大分市で2度など、7つの観測地点で今季一番の冷え込みとなり、各地で真冬並みの寒さとなりました。氷点下4.1度を観測した由布市湯布院町では、手袋やマフラーをして通学する児童の姿がみられました。県内は午後からも晴れるところが多いものの、予想最高気温は大分市や佐伯市で10度など真冬並みの寒さが続く見込みで体調管理に注意が必要です。