• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H12070043516.mp4

福澤諭吉にゆかりのある中津市で、7日全国高校弁論大会が開かれ、高校生が自らが感じた社会の問題などを主張しています。福澤諭吉記念全国高校弁論大会は中津市と慶應義塾大学が毎年開催していて57回目を迎えます。県内7つの高校をはじめ北海道から沖縄までの全国各地から29人が出場しています。弁論のテーマは自由で、内容と表現力が備わっていて観衆に感銘を与える事が出来るかといった点が審査の対象です。生徒たちは7分の持ち時間の中で障害者の問題や日常生活で感じた思いなどを伝えました。主催者はこの大会を通じて「自分の言葉で思いを伝える重要性を学んで欲しい」と話しています。