• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H12080043526.mp4

年末恒例の「歳末チャリティ餅つき大会」が大分市で開かれ、つきたての餅を買い求める大勢の人で賑わいました。県信用組合は地域貢献活動の一環として歳末チャリティ餅つき大会を毎年開催しています。8日は大分市原新町の東大分支店に市内5つの支店から75人の職員が集まりました。用意された160キロのもち米を蒸したあと、地元の子どもたちも参加して威勢のいい掛け声をあげながら餅をついていきました。つきたての餅はあんこ入りやよもぎ餅にしてその場で販売され、地域の人が次々と買い求めていました。イベントの売り上げ金は県内の福祉事業団に寄付されます。