• 特命調査TUESDAY
  • 水曜ウォッチ

OBS大分放送ニュース

/pub/e-obs/htdocs/obs-news/newsmovie/H12080043527.mp4

ウィンタースポーツシーズンの到来です。九重町のくじゅう森林公園スキー場が8日オープンし、多くの来場客が初滑りを楽しみました。くじゅう森林公園スキー場は初心者から上級者向けの5つのコースを備える九州最大のスキー場です。今年は暖かい日が多く、雪不足が心配されましたが、例年通りの日程でオープンしました。初日から大勢の家族連れや若者が訪れ、雪の感触を確かめながらスキーやスノーボードなどを楽しみました。ゲレンデの積雪量は現在30センチで、初心者向けのファミリーコースが利用可能となっていて、年内には全コースがオープンできるということです。今シーズンの営業は来年3月下旬までの予定です。