OBS

リボベジで減らせる食品廃棄物

「リボベジ」でどれだけの食品廃棄物が減らせるのか?

リボベジの中で一番簡単に育てることができる豆苗で調査した結果、水につけて10日で1回収穫ができ、3週間後には2回目の収穫ができました。数回行った結果、平均で14g減り、リボベジを行わずに捨てた根のときと比べ、結果として30%の生ゴミを減らすことができました。
photo

現在、大分市の家庭用可燃ゴミの半分以上が生ゴミという状況ですが、そこで、豆苗・ニンジン・ダイコンのリボベジをそれぞれ1回ずつ行えば、各家庭1回当たりの生ゴミ量は30g減らすことができます。
仮に5,000世帯が1回のリボベジで30g減量しただけでも150kgのゴミ減量が可能です。

photo
「食べ飽きたら捨てる」「美味しくないから捨てる」をより減らすためには、誰でもできる方法を実践することが大切です。それが「リボベジ」です。リボベジを行うと生ゴミも食費も減らせ、一石二鳥です。リボベジ活動は食品廃棄物の問題やゴミ減量問題の解決にも大きく貢献できる活動です。小さなことかもしれませんが、コツコツとやっていけば地球を救う事ができるのです。