OBS

top_image
衛藤賢史のシネマ教室

お名前はアドルフ?

ドイツでは暗黙の禁忌とされる<アドルフ>という名前を、生まれてくる子供につけようとして起こる家族の侃々諤々の大騒ぎを描いた作品!元は「名づけ」というタイトルで評判になった演劇を映画化したもので、名前から派生する論争がドミ […]

» 続きを読む...

エジソンズ・ゲーム

発明王トーマス・エジソン(1847~1931)の名前は、世界中の誰もが知っている。正式に学校教育を受けないまま、独学で数々の発明(蓄音機・白熱電球・映画etc)を手掛けた天才の人だ!この作品は、その中で白熱電球の発明から […]

» 続きを読む...

はちどり

小さな小さな<蜂鳥>。羽をはげしくホバリングさせながら蜜を吸う姿は蜂なのか鳥なのか分からない。この作品の主人公は中2という、いわば蜂(こども)と鳥(大人)の中間にある、<はちどり>のような存在の少女なのだ。その少女の心象 […]

» 続きを読む...

刑事ジョン・ブック

この作品の<キーワード>は[アーミッシュ]というプロテスタントの一派です。機械文明を否定して!17世紀の生活様式を頑固に守りながら、同時に<非暴力>を信条にしてペンシルバニアの田舎で暮らしている集団です。ぼくは、この映画 […]

» 続きを読む...

メンフィス・ベル

第2次大戦下のヨーロッパ戦線。ドイツ都市の爆撃に赴くアメリカB-17爆撃機の若き搭乗員の、紙一重の差で生死を分ける爆撃行を描きながら、同時に猛々しい戦争物とは一線を画したリリシズムの同居する異色の戦争映画となっているので […]

» 続きを読む...

KANO 1931年海の向こうの甲子園

1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場した嘉義農林が決勝まで進出する快挙をなした。ユニフォームの胸につけられた[KANO]のマークは、日本中に一躍知れわたったのだ!嘉義農林学校は台湾中部にある、農林を学ぶため秀才 […]

» 続きを読む...

もみの家

5月16日から、シネマ5が上映を再開しました!(その他のミニシアターも!)かなりきびしいルールで新型コロナ感染を防ぐ防護策をとっての再開です。「文明は人を緊張させるが、文化は人を安らかにする」と塩野七生さんはおっしゃって […]

» 続きを読む...

若葉のころ

1982年と2013年の、台湾の母と娘の2つの世代にわたる、<17歳!>というまさしく[若葉のころ]のどんな時代状況であろうと消すことの出来ないキラキラと輝く青春時代のそれぞれの初恋を描いた珠玉のような作品なのです!台湾 […]

» 続きを読む...

タクシー運転手 約束は海を越えて

1980年。前年の朴正煕大統領暗殺事件後、戒厳令を占いた韓国は、金大中などの政治家、学生運動指導者、労組幹部などを逮捕した。金大中の出身地の全羅南道・光州で彼の即時釈放を求める市民たちが蜂起する。この大規模な市民たちのデ […]

» 続きを読む...

国家が破産する日

1997年、韓国は国家財政破綻の危機に襲われた。 この国家が破産する!という事態に直面した韓国内の人々の攻防を、複数の人々を絡めながらスリリングに描く社会派エンタテイメントな作品なのです。   1997年、経済 […]

» 続きを読む...

バジュランギおじさんと、小さな迷子

インド映画の上映時間の長さは定評あるのですが、この作品も159分の長さです。大体120分前後の作品に慣れた映画ファンにとって、この長さには二の足を踏む方もおられると思いますが、是非にと!推薦したい作品なのです。たぶん見は […]

» 続きを読む...

女神は二度微笑む

新型コロナ・ウイルスの影響で日本中の映画館が休館となり、新作映画を紹介できなくなりました!日本の文化物を観覧する行事が全滅状態です、いや世界中か!という事で、旧作の中で是非DVDなどで見て欲しい作品を紹介するコーナーにし […]

» 続きを読む...

淪落の人

<淪落>とは日本の辞書では<落ちぶれる>と表記されるが、この作品は事故で心も躰も<落ち込む>身となった男性と、異国の地で家政婦として働く女性との交情を通してそれぞれの未来を切り開くまでを描く一服の清涼剤のような清々しい内 […]

» 続きを読む...

弥生、三月 君を愛した30年

10代で病に冒されなくなった少女が淡い想いをよせた少年と、その少女の親友との30年にわたる愛の軌跡を、ふたりにとって忘れられぬ<三月>弥生の季節だけに絞って描写していく!という思い切った手法のラブストーリー作品である。 […]

» 続きを読む...

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

「バット・マン」の悪役中最悪のジョーカーの恋人ハーレイ・クインが主役という、いわばスピンオフのスピンオフとも言うべき作品である。とにかく、主役格の女性4人を含め登場人物全員が極ワルという極端な内容が大受けした作品なのだ! […]

» 続きを読む...

1 / 2412345...1020...最後 »
ページのトップへ戻る