OBS

top_image
衛藤賢史のシネマ教室

幕が上がる

劇作家で演出家である平田オリザの小説を映画化した作品であり、ももいろクローバーZのガールズユニットの5人が主演した作品であり、県立高校の少女たちの演劇部の1年間の高校演劇祭に向けての努力を描いた作品である。 富士山の輪郭 […]

» 続きを読む...

アメリカン・スナイパー

80才を過ぎても、作る作品はすべて話題作となり色々な映画祭で常に受賞候補に挙がるという、C・イーストウッド監督の最新作であり、今回も見る観客の魂を鷲掴みする迫力満点の骨太な作品に仕上げている。 クリス・カイル。彼は200 […]

» 続きを読む...

悼む人

人が生前、誰から愛され、誰を愛したのか?死後、他人の記憶から忘れ去られようとした人たちを悼む旅をつづける青年の行動を通して、<生>と<死>そして<愛>の概念を追及しようとした天童荒太のベストセラー小説を映画化した作品であ […]

» 続きを読む...

幸せのありか

2013年のモントリオール世界映画祭でグランプリを獲得したポーランド映画であり、脳性麻樺の主人公マテウシュの少年時代を演じたカミル・トチカ、青年期を演じたダヴィド・オグロドニクの迫真の演技に世界中が驚嘆した話題作でもある […]

» 続きを読む...

エクソダス

400年にわたってエジプトの奴隷として呻吟したヘブライ族の民を、彼等の約束の地カナンへと導いた預言者モーゼの「旧約聖書」での話は、古い映画ファンにはセシル・B・デミル監督がチャールトン・ヘストン主演で映画化した『十戒』( […]

» 続きを読む...

アニー

1977年、ブロードウェイで開幕したミュージカル『アニー』は、上演回数2,377回、6年間のロングランとなった。この大ヒットを受けて1982年、映画化された作品は、舞台の内容(主人公アニーは白人の赤毛の少女。1930年代 […]

» 続きを読む...

アゲイン 28年目の甲子園

『風が強く吹いている』(2009/原作:三浦しをん)で箱根駅伝に挑む若者たちの青春模様をリリカルに描いた傑作で監督デビューを果たした大森監督の二作目。 今回は、高校球児の聖地である甲子園出場の夢を、ある事情から絶たれた元 […]

» 続きを読む...

ST赤と白の捜査ファイル

テレビの人気ドラマの映画化作品であり、監督・脚本も同じメンバーなのでテレビの延長上の作品となり、テレビ・ドラマを見てなくて映画を見た場合、若干小分かり出来ないキャラクター設定となっているのが難点である。なお今野敏の原作小 […]

» 続きを読む...

ストックホルムでワルツを

1960年代、スウェーデン語でジャズを歌い、世界中のジャズ・ファンを魅了したモニカ・ゼタールンドの半生を描いた作品であり、当時の代表的ジャズ・ミュージックの名曲の数々を堪能できるのも魅力のひとつとなっている。 モニカは音 […]

» 続きを読む...

バンクーバーの朝日

戦前カナダに移民した日本人二世の若者たちによって誕生した野球チーム<バンクーバー朝日>の選手たちの活躍と移民生活の苦闘を描いた作品である。 カナダ・バンクーバー。そこには日本人たちによって形成された日本人街があった。製材 […]

» 続きを読む...

天才スピヴェット

『アメリ』(01)で日本中のファンを魅了したJ=P・ジュネの最新作。61才になった今でもみずみずしい感性あふれる才能を堅持する精神の柔軟性に脱帽したくなる作品となっている。 今回の舞台はアメリカ。モンタナ州の大草原が広が […]

» 続きを読む...

ゴーン・ガール

「セブン」(95)でキリスト教の禁忌に触れる事柄の事件で観客の背筋を凍らせたD・フィンチャー監督が、夫と妻の微妙な精神構造の擦れ違いから生じる事件で、またもや観客の背筋を凍らせるサイコロジカル・スリラーに挑んできた。一見 […]

» 続きを読む...

チェイス

インドで歴代興行収入1位の成績をあげ、アメリカをはじめ封切られた各国でヒットした作品である。インド映画でありながら物語の舞台はアメリカのシカゴであり、その中で銀行につぶされたインド・サーカス経営者の父の復讐を図る息子が銀 […]

» 続きを読む...

フューリー

世界に6輌しかないドイツ軍のタイガー戦車の中、可動可能な1輌を使用し、アメリカ軍のシャーマン戦車も本物を登場させ、二次大戦当時の武器や軍服や兵士の髪型まで徹底したリサーチでリアリズムにこだわったD・エアー監督のこの作品は […]

» 続きを読む...

西遊記~はじまりのはじまり~

この作品は、ナンセンスなドタバタ喜劇の最高傑作のひとつとして記憶される映画となるだろう。そして、力でもって相手を制圧するのでなく<慈悲>の心で融しようと孤軍奮闘する玄奘(後の三蔵法師)の行動にイライラ、ハラハラしながらラ […]

» 続きを読む...

ページのトップへ戻る