OBS

top_image

さざなみ

作品紹介などから暗い雰囲気の重い内容かな?と思ってみたのですが、いやいや!少しも退屈せずにイギリスが世界に誇るシャーロット・ランプリングとトム・コートネイの両俳優の抑制の利いた見事な演技を堪能できる秀作となっていました。
新人監督(アンドリュー・ヘイ)の演出でありながら、2015年のベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したのは当然と思う見応えのある人間ドラマになっています。
ジェフとケイトのマーサー夫妻は、マックスという大型犬とイギリスの田舎で静かな引退後の生活を送っている。
大変といえば、その週の土曜日に結婚45周年の記念パーティを控えていることである。
だがその月曜日、平穏な生活に動揺を与える一通の手紙がドイツに届いたのだ。
それは、夫ジェフの結婚以前の恋人であったカチャという女性の、アルプスでの山岳遭難の氷漬けの遺体が50年ぶりに発見された!という手紙だった。重い口で過去の出来事をポツリポツリとケイトに語るうちに、ジェフの心は次第にケイトと結婚以前の若き日への思い出の世界へと飛んでいく。
不安な心を覚えながら、土曜日のパーティの準備をしなければならないケイト。45年間、この田舎の町で平穏な夫婦生活を営んできたケイトとジェフにはたくさんの仲間たちがいて、シャイなふたりの一大行事である土曜日のパーティに盛り上がっている。
そんな仲間たちとも日常の生活を普通に努めなければいけないケイトは、日ごとに結婚以前の過去の世界へと心を飛ばすジェフへの心中への不安から、自分の知らない過去と、二人で積み上げてきた現在との生活の狭間で、徐々に心が二つに引き裂かれていく。すべてを分かり合えた二人の45年間の平穏な生活のはずが、たったひとつの手紙によって、静かな湖面に小さな石が投げ込まれさざなみのように広がっていくケイトの心の動きを、月曜日から土曜日の一週間にわたって淡々と描写しながら、だがケイトの内面をドラマティックに描いたこの作品は、見事な心理ドラマの秀作となっていた。
ケイトを演じるシャーロット・ランプリングの卓越した心理表現の演技とジェフを演じるトム・コートネイの妻の思いを理解できず、過去の若き日の溌剌とした時期に回帰する男の悲しい性の巧みさが、この作品を出色の内容としているのは確かだが、アンドリュー・ヘイ監督の随所に挿入する静謐な風景描写と人間心理の動きを併用するガッチリとした構成の作劇手腕によって、次元の高い心理ドラマとなっている。
ぼくのチケット代は、2,500円出してもいいと思う作品でした。
星印は5つ差し上げます。


[ 5 点(5点満点)・ 2500 円(1800円基準)] 5点満点中5点 2500円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る