OBS

top_image

海街diary

鎌倉の古い日本家屋に住む三姉妹と、そこに同居することになった腹違いの妹。微妙な関係と感情を交錯させながら、四季の鎌倉の綾なす彩りの中での一年間の暮らしを描くこの作品は、静謐さの中に潜む四姉妹のそれぞれの思いを、しっとりとした描写でやさしく包み込んでくる良質の物語となっている。
鎌倉で生活する香田幸、佳乃、千佳の三姉妹は、15年前に家族を捨てて他の女性と暮らすことした父と、その後身ひとつで再婚し北海道に行った母に置き去りにされた過去をもつ姉妹である。広くて古い家に残された三人はそこで助け合って成長した。
父母代わりに妹の面倒を見た長女の幸はしっかり者で看護師の仕事をしながら家事全般を仕切っている。次女の佳乃は自由奔放な性格で姉といつもやりあっているがすぐに仲直りしてしまう陽気な娘であり信用金庫に勤務している。三女の千佳は穏やかな性格で姉たちのケンカをおっとりと治めてしまうマイペースな娘でスポーツ店で働いている。そんな三姉妹のもとに夏のある日、父の訃報が届いた。父への感情が複雑な幸は、佳乃と千佳を葬儀に行かせる。父は山形に住んでいたのだ。そこで中学生の広瀬すずとはじめて出会う。後を追いかけて葬儀に参加した幸は、父が三回目の結婚を連れ子同士でしており、すずが微妙な立場にあることを知り、鎌倉で一緒に暮らすことを提案する。秋が訪れた頃、決心したすずが鎌倉にやってくる。しっかりとした気性のすずは、父と姉妹の関係が痛いほどわかりながら血の繋がった姉妹を頼ったのだ。すずとの生活は今まで馴れ合った生活をしてきた姉妹にある種の緊張を生むが、同時にそれは三姉妹が今後の生き方をきちんと考える触発剤の役割を果たすことにもなっていく。三姉妹とすずとの距離が少しずつ縮まった翌年の梅雨の頃、祖母の七回忌にずっと音沙汰のなかった母が札幌から参加してきたが・・・。
作劇術の巧みさで今日本の映画監督の中で5本の指に入る是枝監督のこの新作は、父母に捨てられた三姉妹と、腹違いの妹との生活をドラマティックに描くのでなく、淡々とした描写でそれぞれの姉妹の感情の綾を綴る表現手法となっており、この静かに沈殿する感情表現と、四季折々の鎌倉の風景とが絶妙な配置で演出されるすぐれた作品となっている。同時にこの演出に乗って綾瀬、長澤、夏帆、広瀬の若手の女優のそれぞれの役柄にシンクロする凛とした演技は作品の最大の見物ともなっている。
ぼくのチケット代は、2,500円出してもいい作品でした。
星印は、4つ半差し上げます。


[ 4.5 点(5点満点)・ 2500 円(1800円基準)] 5点満点中4.5点 2500円
衛藤賢史のシネマ教室について…

“映画評論家ではない”衛藤賢史先生が「観客目線でこの映画をどう見たか?」をお話するコーナーです。

星:観客目線で「映画の質」を5点満点で評価
チケット代:観客目線で「エンターテインメント性、楽しめるか?」を評価(1,800円を基準に500円から3,000円)

【衛藤賢史プロフィール】
えとうけんし・1941年生まれ・杵築市出身
別府大学名誉教授
専門:芸術学(映像・演劇)映画史
好きな作家:司馬遼太郎/田中芳樹
趣味:読書/麻雀/スポーツ鑑賞/運動

ページのトップへ戻る