OBS

大分県産業科学技術センター 幸嘉平太さん、城門由人さん

2018/06/02  |  番組内容

6月2日のゲストは、大分県産業科学技術センターで電磁力、機械、食品産業など様々な技術研究に携わる幸嘉平太(ゆきかへいた)さん、城門由人(きどゆきひと)さんでした。
幸さんはドローンの開発、城門さんは製品の企画などに携わっています。

「産業科学」と聞くと、一見難しそうで馴染みがないものと思う人がいるかもしれません。
しかし、お話を聞いていくと私たちの身近なものが多く関係していることがわかりました。

例えば食品を商品化する前に、成分が体に害を与えないか、異物が入っていないかを調べますが、そういった検査を産業科学技術センターで行うことができます。
このようにガスメーター、顕微鏡、電子機器など様々なものの調査や製品化の支援を行っています。

その中の一つに大分県が力を入れている「ドローン」があります。
2018年4月にオープンした「先端技術イノベーションラボ」は西日本唯一のドローンの開発拠点です。
電波や磁気を測定できる電磁環境測定棟や、ドローンを飛ばすことができるテストフィールド、技術開発を行う企業が入居できるリサーチ棟を備えています。
ドローンは活用方法がたくさんあるので、これからどのように発展するのか注目していきたいですね!

廣道さんも私も興味津々で、もっとお話を聞きたいと思いました!

幸さん城門さん

(写真は、左から城門さん、廣道さん、幸さんです。)