OBS

あすは第30回大分国際車いすマラソン大会

2010/11/13  |  番組内容

IMG_0225

今回はあすに迫った第30回大分国際車いすマラソン大会を前に

大会事務局長の四ッ谷年晴さんと大会事務局の関隆晴さんをゲストにお送りしました。

 

「あんちゃん聞いてのコーナー」でも大分国際車いすマラソン大会にちなんだ質問をリスナーさんから頂きました。

「レースを走っている時の沿道からの声援や、観戦がもっと楽しくなるような豆知識や裏情報があったら教えてください」とのこと。

 

まず沿道からの声援は聞こえる場所と聞こえない場所があるそうです。

廣道さんによると、上り坂はスピードが落ちるため応援される方も多いそうですが

実は上り坂を走っているときは、必死にこいでいるからなのか

あまり声が聞こえないそうなんです。

逆に下り坂が余裕があって沿道からの声も聞こえるし、観戦されている方の顔を見る

余裕もあるそうですよ☆

 

やはり沿道からの声援は選手のみなさんの大きな力になるそうです。

廣道さんは去年パンクしてリタイヤしようという状況の中、「廣道まだいける!」という声援をたくさんもらったおかげで完走することができたと話していました。

 

ゼッケンの番号や選手の名前を叫んだ方が選手は自分に向けられた声援と分かって

最も力になるそうです!

 

そしておすすめの観戦場所も教えてくれました。

最も多く見られるのは・・・

197号沿いの消防署の前でスタート直後をみて、そこからダッシュして40m道路へ。

そこで先頭集団が弁天大橋から下ってくるところを見たあと地下道をくぐって反対車線へいくと

王子の折り返しポイントで折り返して帰ってくる先頭集団を見ることができます。

そして地下道をくぐって競技場へ行くとハーフのゴールシーンが見られるそうです!

 

みなさんあすはラジオを片手に応援しましょうね!