OBS

映画監督の衛藤昂さん

2017/08/19  |  番組内容

今日は、映画監督の衛藤昂さんにお越しいただきました。大分市出身の映画監督 衛藤昂(こう)さん。
オーストラリア、シドニーフィルムスクールで映画製作を学び、在学中に監督した短編映画「PERMANENCE」がオーストラリアの映画祭で最優秀作品賞を受賞。在学中からフリーで映像制作の仕事に携わる。また、2010年に帰国後、テレビ、コマーシャル等の仕事を経て、2014年には衛藤さんが脚本・監督を務め、世界各国から高い評価を得ている初の長編映画「FLOATING AWAY」が6月17日から30日まで別府ブルーバード劇場で、6月30日・7月1日にはコンパルホール(文化ホール)で上映されました。
ふるさと大分での活動に力を注ぐ、今注目の若手映画監督です。衛藤さんはこれまで、豊後高田市のPR動画「恋叶ロード」や大分市の観光PR動画「SARU TABI」なども監督しました!ふるさと「大分」で作品を上映した時の想いについてお話しいただきました。